読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デトックス

この週末は、なぜか、本当にとつぜん、どっと疲れが出てきて、

 

ただただ何もしたくなくて、出てくるのも否定的な言葉ばかり。

 

どうしちゃったんだろうと見守っていたけれど、結局数日こんなままでした。

 

 

そういうとき思い出すのが “デトックス”という言葉。

 

 

自分で気が付いてなくても、日常の中で、いろんなものが溜まっていく。

 

意識して自分が心地いいものを取り入れていくことも大事だけど、

 

きっと100%それだけを取り入れて生きていくって難しくて。

 

がんばってくれてたんだなぁって自分に感謝の気持ちです。

 

定期的に、一見大丈夫そうでも、

 

じっくりゆっくり自分のこころや身体と向き合って、

 

デトックスさせてあげられる時間をつくりたい。

 

なかなかさ、余裕がない毎日だと、ネガティブなものがひょっこと顔を出そうもんなら、

 

「え!?何!なんで今出てくるの!?そんな場合じゃないんだけど!引っ込んでてよね!」

 

みたいな猛烈な批判を浴びせてしまったりする…

 

反省しなきゃだね。

 

だって自分もそうだよね。

 

自分の好きな人に、周りにいる人に、調子悪いときの自分も受け止めてもらえると、すごくうれしいし、すごく安心できる。

 

ここにいていいんだって。自分のままでいていいんだって。

 

「調子悪いあなたは受けつけません!」みたいに拒絶されちゃうと、

 

すっごく傷つく。自分を作らなきゃいけないプレッシャーがどっと全身にのしかかる。

 

まずはね、自分が自分にそうしてあげなきゃ。

 

 

どんな自分もいていいよ。がんばって作らなくても、そのままでいていいよって。

 

 

大事に大事にするからねって。

 

がんばれないときは、がんばらなくていいよって言ってあげるんだ。

 

 

まずは自分が。そうやって自分に言ってあげるんだ。