読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のすきま

なるべく毎日書いて(自分が感じていることを言葉にして)、

自分を整えようって決意し直したのも束の間、

自分で自分を忙しくさせて、あっという間に数日経ってしまった。

 

なんでなんだろう…

 

やっぱり心を整えなきゃいけないときほど、

向き合うことに居心地が悪くなってしまってすぐ逃げ出してしまう。

 

その先には、心地いいがあるって経験から分かってるはずなのに。

 

なのに向き合うことに、すごくすごくエネルギーがいる。

 

 

でも今の私は正直言って調子がよくない。

自分でもちゃんと分かってる。

心当たりもある。だけど、そのひっかかりが裏目裏目に出てしまってる。

また心当たりを作ってしまう。

だから、心の奥の奥でひっかかってることを、はやくほどいてあげたい。

表面ではそんなことなくても、

心の奥の奥で苦しんでる自分を、救い出してあげたい。

 

 

思うんだけれど、心が十分に満たされてないとき、

とにかく手っ取り早く、その隙間を埋めようとする。

そうじゃないといても経ってもいられなくて。

食べ物だったり、騒がしさだったり、

とにかく何でもいいから、何も考えなくていいように。

 

あ、あれなのかな。

本当の自分はどうしようもない人間だって、そこを通過しなきゃいけないのがこわいのかな…

 

いつも最終的には心地よさにたどり着けることが多い。

だけど、その前にはかならず、自分のいろんな面に向き合うことを乗り越えなきゃいけない。

嫌な面も見る。変わってないじゃんってがっかりして、もう絶望的な気持ちになることもある。

それを乗り越えなきゃたどり着けないんだ。

 

 

言ってみればきっと登山と同じなのかも。

どんなに「頂上に行ったらすごくきれいな景色が見えるよ!」って言われても、

今すごくつかれていて立ち上がれないぐらいだったら、

その先にどんな絶景が待っているか分かってても、やっぱり立ち上がって1歩を踏み出すのはすごく辛い。

「ほら、行けば絶景が見れるんだから」って言われても、やっぱりしんどい。

その気持ちを分かってほしいと思う。

 

だから、そんなときには無理して絶景を見に、山に登らなくてもいいのかもしれない。

 

それよりも、「つかれてるんじゃない?ゆっくりやすんで。がんばりすぎだよ!ゆっくりやすんで、元気になったらまた一緒に登りに行こうよ」

そう言ってもらえるほうが、ずっと安心できる。

 

そうか。つかれてるんだ、わたし。

いつもがんばってくれてありがとう。また、わすれてたね。

いつも、自分が思ってる以上に、いろんなこと毎日毎日がんばってること。

 

まずは自分にやさしくなることから。

この週末は、おいしい料理を作ってあげよう。

掃除はできなかったら、また来週でもいいや。

ゆっくりやすんでいい。いつもがんばってるよ。

 

ゆっくり深呼吸して、自分の時間を取り戻そう。

 

週末までの残りの日、がんばらなきゃ、できてないってあせらなくていい。

あなたは、じゅうぶんがんばってるよ。

いまは、自分にできることを1つずつ1つずつ、丁寧に、ゆっくりやっていけばいい。

あせらないで、だいじょうぶ^^

 

しんどくなったときは、休憩してもいい。

そんなこともわすれてたなんて。ほんとうにがんばりすぎだよ。

がんばりたくてもがんばれないときは、やすんでもいいよ。

いっつもいっつも全力でがんばってなきゃいけないなんてことはない。

ゆっくりやすむときがあってもいいんだよ。

 

ゆっくりゆっくり呼吸して。

 

大丈夫。この土地は絶対私の味方になってくれるから。

 

 

書くということ

さっきのblogを書いてから、改めて思いました。

 

やっぱりblogを毎日書こうって。

 

 

私はあんまり同じことをずっと続けるのが得意じゃなくて、

 

義務になってしまうと本末転倒だと思って特にルールは課してなかったんです。

 

 

だけど、さっきblogを書き終えて、やっぱり思った。

 

 

書くということには、こんなにも自分の心を癒してくれる力があるんだってこと。

 

 

 

特にこのblogでは、自分の心と向き合うことをテーマにしてて、

 

そして特に、自分の心の中にあるものを言葉に変換していくときに、

 

どの言葉を使うと1番自分の気持ちと重なるのか、

 

ゆっくりゆっくり自分の心と、1つ1つの言葉と向き合っていく。

 

 

そんなプロセスが私の心をすごく癒してくれていたことに改めて気が付きました。

 

 

 

最近ちょっと嫌なことがあったんです。

 

何気ない人の言葉、何気ない人の態度に傷ついて。

 

いろいろ心を守る答えを見つけて、大丈夫になったフリをしてたけど、

 

やっぱり心の中に残ってる。

 

たぶん向き合わなくても明日から生きていけるけど、

 

こういう小ちゃなキズの1つ1つを大事に癒してあげないで、

 

そのままにしておくと、理由はわからないもやもやに繋がったり、

 

急にあるとき心がいっぱいになっちゃうんだろうなぁって。

 

 

たとえば書くことで、他にもいろんな方法できっとよくなるって分かってても、

 

できないことってありますよね。

 

なんでだろう。急に気が重くなっちゃってできないことがある。

 

癒されるって分かってても、そこまでにエネルギーがいるからかな?

 

そのがんばりさえも疲れちゃってるからかな?

 

もしかしたらがんばってもうまくいかないかもしれないって恐いのかな?

 

どうなんだろう。

 

 

一応このbolgで言えば、書いてて最後には“心地いい”と思える気持ちの着地点を見つけるのが目標であり目的。

 

それがプレッシャーになってるのかな。見つけなきゃいけないって。

 

でもどうしてもしたくないのは、“心地いい”って感じられないままに、

なんとなく“綺麗事”的なところに着地してしまうこと。

 

それじゃあ意味ない。私がしようとしている生き方はそうじゃない。

 

だからこそ、そこはどうしても妥協したくないんだ。

 

 

人間ってつくづく不思議だなぁって思う。

 

 

言葉で考えて、言葉で整理して、言葉で伝えて。

 

 

だけどそれ以上に「感覚」という絶対的なものを持っている。

 

 

そういうのを考えるとき、やっぱり神様が人間という存在を創造したんだろうなぁと感じる。

 

こういう存在に創造した。

 

そこに偉大なる意味はあって意味はない。

 

なぜかそれが自分を大事にしたいという感覚につながる。

 

 

1歩進んだと思ったらまた前いたとこにいるような気がしてまた迷子になることを繰り返してる毎日だけど、

 

それでも今日という1日が実はとても愛おしいということを教えてくれる。

 

 

 

誰かを大事にするということ、自分をもっと大事にするということ、

 

 

10年後の自分はもっとうまくできているだろうか。

 

 

生きていくってきっと、こういうことなんだろうなぁ。

 

 

なんて漠然と思った。

 

 

自分と向き合い、気付きを得る。とても愛おしい時間だと思う。

 

 

そして、自分と同じように大事にしたいと思える人たちの存在。

 

 

たとえそれが1瞬だとしても、広がる世界中全てのものに対する慈悲の心。

 

 

本当は毎日こんな風に生きられたらと思うのだけれど。

 

 

まずは、書くこと、自分の心と向き合うことから始めてみよう。

 

 

自分を信じる

ここ数年、

 

「何を信じたらいいのかわからない」

 

そう思って苦しくなることが何度もありました。

 

でも結局信じるのって自分なんだなぁって最近思うんです。

 

 

誰かのこと「信じてたのに!」って、

 

最近やっと違うんだなって思えるようになりました。

 

そもそもそこから自分の選択に責任を持たずに、

 

自分自身とちゃんと向き合いきれてなかったんだなぁってなんとなく思うんです。

 

 

なにか不安なとき、先が見えないとき、

 

何か「確実なもの」がほしくて、それを外に求めてしまう。

 

 

でも本当は1番信頼できるものは自分の中にしかなくて、

 

それをどこまで自分が信じられるのかってことなんだと思う。

 

 

何か確信が持てないとき、

 

いろんな気持ちが、いろんな考えが、いくつもいくつも層になって、

 

本当の気持ちが見えなくなってしまうことがある。

 

とりあえず何かないと不安で、それっぽいのを掴もうとしてしまうときがある。

 

 

でもね、また一度立ち止まらなきゃ。

 

 

落ち着いて、焦らなくていいこと。

 

答えはちゃんと自分の中に見つかるってこと。

 

ふーーーーと深呼吸。

 

 

誰にもうまく説明できなくったっていいんだよ。

 

迷っててもいい。悩んでてもいい。

 

自分ともっと向き合ってあげる時間を作ってあげよう。

 

 

実はそういうことなんじゃないかな。

 

自分と向き合ってあげてる時間が少ないですよー!

 

って教えてくれてるのかもしれない。

 

だから寂しかったのかもしれない。

 

 

答えはちゃんと自分の中にあるんだ。

 

それを信じてあげよう。

 

 

 

答え

 

 

Love is where you go back to

(愛はあなたが帰るべきところ)

 

Dream is your direction

(夢はあなたの道しるべ)

 

Imagination gives you the wings

(イマジネーションはあなたに翼をくれる)

 

Experience is where you grow

(経験はあなたの成長)

 

Pain is to make you realize what is the most important for you

(痛みはあなたにとって1番大切なことは何か気付かせてくれる)

 

Anger is your justice

(怒りはあなたの正義)

 

Sadness is deep love inside your heart

(悲しみはあなたの心の深い愛)

 

Fear is the time to look into your heart

(恐れはあなたの心と向き合うべきときが来たことを教えてくれる)

 

Feeling is to makes your life exciting

(感情はあなたの人生を豊かにするもの) 

 

 

Failure is the proof of you tried

(失敗はあなたが挑戦した証)

 

Loneliness is the time becoming stronger

(孤独はあなたを強くしてくれる) 

 

 

What you feel, is your answer.

(あなたが感じていることが全てである)

 

 

 

正しさ

何か答えを出さなきゃいけないとき、正しい答えを探しているような気がした。

 

何を基準に選んだらいいか、分からなくなってた。

 

このblogのタイトルを見て、思い出した。

心地よさで選んでもいいんじゃないかって。

ううん。心地よさ、それを1番に考えなきゃいけない。

 

正しさじゃなくて、それを説明できる理由じゃなくて、自分を納得させられる説明じゃなくて…

 

自分の心地よさをもっと大事にしなきゃいけない。

心とカラダ

心とカラダってつながってますよね。

 

心が弱ってるときに、追い打ちをかけるかのように、カラダのどこかが調子悪くなってしまったり、

 

逆に、体調が悪くって、気持ちもだんだん落ち込んでいってしまったり。

 

春から新しい土地に来て、珍しくホームシックです。

今までこんなことなかったのに笑

今まではね、新しい場所に来るとワクワクして毎日が楽しくて。

帰りたいなぁーなんて思ったことなかったのに。

 

体調が悪いと、心の弱いところが見えてきて。

元気でエネルギーあると、そのプラスの勢いの流れで全部ワーって行けちゃうけど、

調子悪いとそうもいかない。

あ、こんなことまだ私の心の中にあったんだって、いろいろ気づかせてくれました。

 

これから長いんだから、あせらずゆっくりやっていこうよって。

まだまだ始まったばっかりだよ、大丈夫だよって。

 

周りに存在するのはいつも同じなのに、自分の心次第で、優しく輝いて見えたり、ちょっと外に出るのが怖くなってしまったり。

 

そうゆうときの心地よさはどこにあるんだろうなぁ。

 

今日ね、読んだ文章の中で「あなたはもう10年前の自分とは違う」って言葉があったの。

ちょっと心は弱ってたけど、その言葉で「ああ、そらゃ全然違うわ」ってすぐ思った。

この10年、めちゃくちゃたくさんの経験をして、たくさんの人に会って、自分は本当に本当に成長した。

それは間違えなく、自分が挑戦し続けてきた証で、もっともっとそのことを誇りにおもってあげていいんだって思えた。

これからどうなるのか分からないことだらけだけど、それでもこれからも挑戦し続ける自分でありたいなって思った。

今まで挑戦してきて、全部全部成功だったとは言えないのかもしれない。

イヤな思いもたくさんしたし、ツライこともたくさんあって、これでよかったのかなって不安に思ったり、後悔したこともたくさんあった。

でも今、私が見ている景色は、10年前とは確実に違う。

今の自分がとっても好き。

それに10年前の自分はそう思えてなかったけど、今振り返って、10年前の自分は愛おしい。

がんばってるよ、今は辛いこともあるし分かってないこともたくさんあるけど、大丈夫だよってハグしに行ってあげたい。

 

この10年、私はすごくすごくがんばったんだ。

こんなにがんばってきたんだから、1週間ちょっと体調が優れなくってがんばれないぐらい「許してあげてよ」って書こうとしたけど、というより「全然大丈夫だよ」って感じかな。

 

新しい環境で知らずの内に、うまくやらなきゃってちょっとあせってがんばって気張ってたかも。

ゆっくりゆっくりやってこう。

先はまだまだ長いんだから。

大丈夫だよ。

きっとうまくいく。これからも、ずっと。

デトックス

この週末は、なぜか、本当にとつぜん、どっと疲れが出てきて、

 

ただただ何もしたくなくて、出てくるのも否定的な言葉ばかり。

 

どうしちゃったんだろうと見守っていたけれど、結局数日こんなままでした。

 

 

そういうとき思い出すのが “デトックス”という言葉。

 

 

自分で気が付いてなくても、日常の中で、いろんなものが溜まっていく。

 

意識して自分が心地いいものを取り入れていくことも大事だけど、

 

きっと100%それだけを取り入れて生きていくって難しくて。

 

がんばってくれてたんだなぁって自分に感謝の気持ちです。

 

定期的に、一見大丈夫そうでも、

 

じっくりゆっくり自分のこころや身体と向き合って、

 

デトックスさせてあげられる時間をつくりたい。

 

なかなかさ、余裕がない毎日だと、ネガティブなものがひょっこと顔を出そうもんなら、

 

「え!?何!なんで今出てくるの!?そんな場合じゃないんだけど!引っ込んでてよね!」

 

みたいな猛烈な批判を浴びせてしまったりする…

 

反省しなきゃだね。

 

だって自分もそうだよね。

 

自分の好きな人に、周りにいる人に、調子悪いときの自分も受け止めてもらえると、すごくうれしいし、すごく安心できる。

 

ここにいていいんだって。自分のままでいていいんだって。

 

「調子悪いあなたは受けつけません!」みたいに拒絶されちゃうと、

 

すっごく傷つく。自分を作らなきゃいけないプレッシャーがどっと全身にのしかかる。

 

まずはね、自分が自分にそうしてあげなきゃ。

 

 

どんな自分もいていいよ。がんばって作らなくても、そのままでいていいよって。

 

 

大事に大事にするからねって。

 

がんばれないときは、がんばらなくていいよって言ってあげるんだ。

 

 

まずは自分が。そうやって自分に言ってあげるんだ。