読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新発見

昨日は自分が考えてとらわれていたもやもやについて、”答え”がありました。

 

ちょっとすっきりした気分なのです。

 

もやもや・いらいらしてるときって、その原因がわからないと、さらに加速しちゃいます。

 

もっと言えば、昨日わかったことのひとつは、たとえば「この人、なんかどうしても好きじゃない」っていう人がいますよね。

 

その人の言動でいちいち自分がもやもや・いらいらしてしまうような人です。

 

でもその人にはいいところもあるし、自分に対してやってくれて感謝すべきおころもあるし、私の場合だったらその人は職場の中でも信頼されている。

 

それなのに、なんで、この人と関わると、自分はこんなにももやもや・いらいらしてしまうかわからなかったんです。

 

それが、昨日はもやもや・いらいらがすっごく大きくなっちゃって、その気持ちにずーっと向き合って、何を訴えようとしているのか、じっと聴いてあげると、その”答え”にたどりつきました。

 

そうすると、「とにかくなんかわかんないけど、この人がキライ」から、

「この人のこういう考えをするところが私とは違う」になったので、

その人自身を否定する必要がなくなりました。

 

これは本当に救いです。

 

誰かのことを、その人自身を否定したくなっている自分がいるときって、とっても自分の心の中は”心地よくない”からです。

 

それで、「こういう考えは好きじゃない」ということがクリアになったということは、例のステップでいえば、「私はこういう考えが好きだ」というのがクリアになったということでもあるんです。

 

だから自分の軸がはっきりクリアになったというか。

 

私の場合、これは仕事の話だったので、

「私はこういうスタンスで、これを大事にこれからも仕事をしていきたい」

という、自分の中にはきっとずっと前からあったけど、はっきり意識してこなかった軸が、今回の”もやもや・いらいら”とじっくり向き合ったおかげで、クリアになったんです。

 

今回改めて思ったのが、何かに、”もやもや・いらいら”してるときって、その「何か」が自分の中の大切にしている価値観をゆさぶってるんだと思いました。

 

”もやもや・いらいら”している状態って全然”心地よく”ない。

 

でも、それはきっと自分の中の大切なものがおびやかされて、ウルトラマンの警報みたいに、チカチカしている状態。

 

自分にとって大切なものは何なのか、改めて認識・再確認するチャンスを与えてくれているんだということ。

 

逆にいえば”もやもや・いらいら”してしまいやすいときは、自分が”自分にとって大切なもの”を見失っているときでもあるんじゃないかな。

 

自分の中で大切にしたい軸がはっきりしていれば、冷静に、これは自分の大切にしたいものと違うよね、と心の中で一線を引いて、おちついて、”自分が大切にしたいと思っているもの”に向き合っていられるような気がします。

 

今年度から仕事を変えたのですが、今年は仕事をしているときに”もやもや・いらいら”することが多かった。

 

仕事が大好きで、モチベーションがある自分にとって、それはとってもつらかった。

 

さて、これからどうしようか。

 

自分と同じ価値観を持っている人が少ない、この組織で求められていることは私が大切にしたいものではない、として、もっと自分と同じようなものを大切にしている職場環境を探すのもひとつ。

 

今の職場の中で、どうやったら自分の大切にしたいものを目指して実現できるか工夫して考えていくかもひとつ。

 

もうちょっとじっくり自分の心の中の声と向き合いながら、ゆっくり、自分が堂々と、そしてワクワク進めるこれからの未来を考えていきたいと思います。